幼児教室のお母さん方の声を紹介します

コメント

柴田幼児教室に通われて、親子で共に成長し…お母さんとお子さんの自身に満ち溢れた素敵な笑顔が沢山見られました!!

どの子も、その子らしい花を沢山咲かせました!

7名のお母さま方に、平成28年度、一年間を振り返っての思いをメッセージにして頂きました。そのメッセージの一部を抜粋してご紹介させて頂きます。

協力して頂いたお母さん方、ありがとうございました!!

 

woman01_a_01のぞみちゃんのお母さん

二人目を出産すると、上の子はイヤイヤ期と赤ちゃん返りでイライラし、子育てを味わうことなどできませんでした。教室に通うことで子供と少し離れた時間がもて、いつでも相談できる、甘えられる場所があることで心に余裕をもてるようになりました。

先生の根気の指導とスキンシップで愛情を注いでくださる姿には毎回感動させられ、その関わり方や言葉がけはとても勉強になりました。

ある日、先生から娘の顔つきが「生き生きとして優しいお顔になりましたね」と言われました。

以前より親子で笑顔が増え「今」の子育てを楽しめているように思います。柴田幼児教室は子供と母親が共に学び、成長できる親子教室のようだと感じています。一人の子の成長を、友達や他のお母様方、みんなで喜び合える環境も素敵で、ここで子育てを学べたことが幸せです。

woman01_a_03なつみちゃんのお母さん

お教室に通う子供たちはなぜこんなに表情豊かで自身と優しさに満ち溢れた顔をしているのだろうと思いました。その理由は、先生の保育を見させて頂く中で分かりました。子供たちは、体の全てで自分の思いを伝えて来ます。

先生はどんな時もその子の心にそっと寄り添い思いの全てを温かい心で包み、自分の力で切替が出来るまで見守って下さいます。時には背中を押すことも忘れておられません。先生の温もりを五感全てで感じた子供たちは、心が解れ優しい心が芽生え、受け止めてもらえた事で自身が持てたから、こんなにも表情豊かで凛とした子供たちなんだと感じさせて頂きました。

時代が変わろうとも子育てにおいての大切な軸は何一つ変わらない事を先生の保育と子供たちの姿で教えて頂きました。

通い始めの凍ばった娘の心がどんどん解れ自信を付け、良い表情になっていく姿を見れて本当に嬉しく思っています。

また、子育てに悩んだ時、先生のお姿で私自身を見直させて頂けてます。先生に出会え、保育を受けさせて頂けた私達親子は本当に幸せです。そして、本当に感謝しています。

woman01_a_10ゆいこちゃんのお母さん

柴田幼児教室には、姉と妹とで2回お世話になりました。

姉をこの教室に入れるきっかけは、知人から教えてもらい漫然と通っていましたが、通い始めて教室の素晴らしさに気づきました。

姉は、活発でエネルギッシュで、自分を抑えることが苦手でした。親の私も娘の心のパワーを満足させることに大変だと感じることがありましたが、先生はそんな娘にも根気強く関わって下さり、娘が自分を抑え心のパワーをコントロール出来るようになりました。

幼児教室を卒業後も絵画教室に通いましたが、ここでも静かな雰囲気の中、心を落ち着かせ集中する力を養いました。

妹も幼稚園就園前の一年間通いましたが、先生の下の娘への愛情一杯の関わりのお陰で、心を開き集団の中でも自分を出す力を身に付けました。先生の娘たちへの関わり方を間近で体験することで私自身が娘たちへの接し方を学べました。

心を育て土台を築く大切な幼児期を充実した時間にできたのは、先生のさりげない親子への言葉掛けのおかげだと心から感謝しています。

woman01_a_02かけるくんのお母さん

初めて門をくぐったのは、息子が8ヶ月の時でした。最初の印象は、おもちゃが少ない。

本当にこの中で落ち着いて遊べる様になるのかと不安でした。初めはおやつを待ったり、椅子に座っていることすら難しかった息子が、今では粘土やパズルなど机に向かって遊ぶことが増え、静と動の静が自然と出来るようになりました。体をいっぱい動かして遊ぶことも、大好きです。

入所の時、先生が言われた「小学1年生で45分、座れるを目標に!年齢に合わせて、座れることは大切です。」今では、この子は大丈夫と自身を持てます。

親だけでは教えられない、家庭という社会では学べない事を全身で感じ、成長したなと思います。子供だけではなく、私自身も大きく成長させてもらい、通わせて本当に良かったと思っています。

woman01_a_03ななかちゃんのお母さん

ちょうど一年前、私と娘はドキドキワクワクしながら、初めて幼児教室を見学させて頂きました。その時からすでに、娘は幼児教室の明るく楽しい雰囲気と先生の温かく、すべてを包みこむようなお人柄に惹かれたようで、週3回、毎回とても楽しく通わせて頂きました。

「毎日行きたい!」と言うくらい娘は幼児教室が大好きで、遊んだ事、覚えた歌、お友達との事、たくさんの事を私に話してくれました。

また、幼児教室に通うまでは決まったお友達がおらず、うまく友達と関わることが出来なかった娘でしたが、教室では大好きな友達も出来、みんなで仲良く遊ぶ姿を見て安心できたと同時に成長を感じる事が出来、とても嬉しかったです。たった一年間でしたが、この2~3歳という人としての土台を作る大切な時期を幼児教室で過ごせたことは、娘にとっての大きな糧となりました。そして、たくさんの素敵なお友達、素晴らしい先生方に出会えた事が、私と娘にとっての宝物となりました。

一年間、本当にありがとうございました。

 

woman01_a_09りょうたくんのお母さん

初めて柴田幼児教室へ伺ったのは、一歳になって間もない頃。最初の数ヶ月は自由遊び等も落ち着いて取り組む事が出来ず、随分と心配しましたが、先生がいつも「まだ小さいですから」と声をかけて下さり、息子のペースでの成長でよいのだと安心して見守ることが出来る様になりました。

その後、一人で幼児教室に参加する時間が増えると息子はたくましく成長し、先生がよくおっしゃっていた「すぐに出来ない時は、下へ下へと根っこを伸ばしているのですよ」という言葉を実感させて頂きました。

また、私自身も一緒に幼児教室へ通い多くのことを学ぶことが出来ました。特に先生がいつもおっしゃる「いい距離感」については、幼児教室に参加し経験として身に付けられたことがとても良かったと思います。

卒業しなければならないのはとても残念ですが、これらかも幼児教室で学んだことを活かしながら、親子で成長していきたいと思います。

一年間、本当にありがとうございました。

woman01_a_10かずまくんのお母さん

入所した頃の息子は、とにかく動きたい、走りたい、止まる事がなくいつもそわそわと、欲求のままに動いていたのを思い出します。

一緒についていた私は毎回疲れ果て、そして悩んでいました。

先生は、子供一人一人のことは、もちろんのこと、お母さん方のこともとてもよく見てくださっています。悩んでいた私にも気づいて声を掛けて下さり、しまっていた悩みを引き出して聞いて下さりました。どうしてこうなんだろう…と固く後ろ向きな気持ちがだったのが、お子さんは大丈夫!と言われ、気持ちが楽になり、前向きに考えられる様になった事を覚えています。そして、2ヶ月程が経ち、朝一人でリュックサック、水筒を持ち、椅子に掛けている自身に満ち溢れた姿を見た時のあの感動は今でも忘れられません。

そんな小さな事でも先生方はすごく褒めて下さり、一緒に喜んで下さいました。それがどれほど、悩んでいた私の心を勇気づけ励みになった事でしょう。

先生の本当に根気のある丁寧な保育、温かな見守りやかかわり、体全体で表現し、力いっぱい子供達と向き合う姿に、とても感動させられます。きっと子供たちも先生のその姿に応えようとする間に自然と少しずつ殻を破り自信をつけていき、そして、自分を出せるようになっていくのでしょうね。

時には、静かに見守り、タイミングをみて背中を押し、気分がすぐれない時は、一人一人にスキンシップも欠かさない、こんなにも個々に向き合う手厚い保育にお世話になれた事をとても幸せに思います。

実際には、なかなか難しいのですが、家庭で見習えるお手本がたくさんたくさん詰まっています。この教室で、息子は静・動の静の遊びの楽しさを覚え、落ち着いてじっくり遊び、それによって行動や気持ちの切り替えも上手になってきたように思います。

卒業しても、この教室で育った軸を大事にし、忙しい中でも、基本的な事、子供と向き合う時間を大切にし、時には立ち止まる事が出来る子育てをしていきたいです。

先生には、兄二人の相談にも幾度かのって頂きました。

たとえ年齢が上がっていっても、何気ない時、必要な時にはどんな形であれスキンシップをして愛情表現をする事が大事だという事を知り、今の子ども達にとっても成長していく上で、とても大切な事を気づかせて下さったと思いました。

小さな事でも、時間を作って聞いていただいた事、とても感謝しています。

下の子の一年間をはじめ、兄二人の絵画教室での長い期間、本当にありがとうございました。

 

To Top